カードローン返済方法※お金を借りる前に知っておく大事なポイント

カードローンでお金を借りたいけど、返済方法が分からない。いつ返せばいいのか?金利は?どうやって返せばいいの?
など、返済方法で困っている方は当サイトを参考にしてもらうと分かりやすいと思います。

まずカードローン利用時に注意してほしい点なんですが、お金を借りる前に返済をどうやってしていくかを考えるのが一番です。借りたお金なので返すのは当然の事です。

もし、借りたけど返すあてがない…なんて事になってしまうと、後々困る事になります。返済が出来なくなるとブラックリストに登録されてしまい、今後ローンなどを組めなくなる、といった可能性もあり得ます。

そうならない為にも、お金を借りる前に返済計画をしっかりと立てておくようにしましょう。

では、カードローンの利用方法なんですが、最近はインターネット上で24時間いつでも申し込みする事が可能となっています。来店する事なく誰にも会わずに借入する事が出来るので大変便利です。

最短だと申込みした即日中に借りる事も出来るので、急ぎでお金が必要な時でも助かりますね。

カードローンに申しむ際は手続きが簡単なネット申込みを利用するといいでしょう。もちろんスマホからでも申し込み可能となっていますよ(^^)/

借入・返済ともに、各金融会社提携の銀行ATMやコンビニATM・銀行口座への振込で行う事が可能となっています。
返済方法の細かい部分は、人気のカードローン会社ごとにまとめてみたので、下記サイトを参考にしてみて下さい。

来店不要カードローン

利息の計算法

いくら利息を支払えばいいのか?カードローン利用時に気になるポイントだと思います。
そこで、利息の計算法を利用して、事前にいくらぐらいの利息が必要になるのか計算しておくといいですよ。

借入前に、利息がいくらになるのか?月々いくら返済すればいいのか?など細かい部分を知っておけば、返済計画も立てやすくなり借入もしやすくなります。

【利息計算式】
元金×金利÷365×借入日数=利息

上記計算式で、利息がいくらになるのか出すことが出来ますよ。
例えば、10万円借入して3か月(90日)で返済したとします。金利は最大の18.0%で計算します。

計算式に割り当てると、
<100,000×0.18÷365×90=4438.3>
となります。すなわち利息は約4,400円といった金額になります。

借入期間が30日だとしたら、
<100,000×0.18÷365×30=1479.4>
約1,500円ほどで済むといった計算になります。

当然ながら、借入期間が短ければ短いほど利息の支払いも少なくなるので、出来るだけ早く返済できるようにするのがお勧めです。
カードローン利用前には利息計算法で、だいたいどれぐらいの利息を支払うのか計算してから借りるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です