ステーツ・サイズの歴史

ステーツサイズは戦後のアメリカ統治下時代から営業しているアメリカンテイストのレストラン。

アメリカ統治下時代当時の味と雰囲気を今も味わうことができます。

『JOTO STEAK』は今も昔も人気メニューです。良質なお肉を使った自慢のステーキをお好みの焼き加減でお楽しみください。

 

『JOTO STEAK』のネーミングの由来

戦後のアメリカ統治下時代当時、アメリカ人(軍人)は沖縄の人々が頻繁に使う「上等(じょーとー)」という言葉をすぐに覚えました。

品質の良い物が欲しいときに、彼らはこう言うようになったのです。

『JOTO,Please!』

店主はアメリカ人にも分かりやすいように、良質でおいしいステーキメニューに「JOTO STEAK」と名づけました。

 

ボリューム満点、お値段はリーズナブル

安くてうまい!

ステーツサイズは地元の人々にも人気のレストランです。

50年以上愛され続けている理由は、昔から変わらない美味しさとボリュームと手軽なお値段。

どのメニューも安くてボリューム満点のアメリカサイズ

 

Aサインとは

Aサインは、復帰前の沖縄において米軍公認の店舗に与えたれた許可証のことです。

米軍による衛生基準はかなり厳格で、合格した業者のみに与えられました。

Aサインの「A」は「Approved(許可済)」の頭文字で、公認の店舗は許可証か『A』の表示を店頭に掲げて営業しました。

のちに権限を琉球政府に移譲しましたが、再度米軍に移譲され、復帰直前の1972年4月15日に廃止されました。

 

沖縄っていいですよね♪

沖縄のステーキは本当においしいですよね。お肉も柔らかくてジューシー。それに値段もビックリするぐらいリーズナブルですもんね(‘ω’)ノ

沖縄に行ったときは必ず食べてます。

しばらく沖縄に行けていないので、また近いうちに行きたいですね。

でも今は前の職場を辞めてしまって無職なので、さすがにそんな贅沢は出来ません。

早く新しい勤務先を探さなければ。

 

二人の子供がいます。子供二人を私立の幼稚園に通わせていますので、保育料の負担がかなり大きいです。

そして、幼稚園だとママ友の付き合いもかなりあります。一緒にコストコに買い物に行ってみんなでシェアする、ランチ会を行う、など、行かなくても問題はないのですがトラブルのもとになりそうな気がして基本的には参加をしています。

働いていて保育園に通わせていればかからない金額だと思います。

それから、時間があるので子供の習い事も積極的に行うようにしています。私立幼稚園なので園でもいろいろなことをやってくれますが、子供がやりたいということはどんどんやらせています。

それぞれすごく高い金額ではありませんが、二人分となると結構かかります。

しかし子供にはかけた分だけ子供の身になると信じていますので、お金をかける価値はあると思っています。保育料+習い事代で、主人のお給料の半分弱が消えてしまいます・・・。

小学校に上がれば保育料の負担がかなり減るので、今だけの出費だと思い頑張って毎月なんとかしのいでいます。

自分自身に使ってお金がないというよりも、自分の時間があることによって付き合いや子供の習い事にどんどん消えていきます。

しかし、定期預金を崩すことだけは絶対にしたくないので、食費などを切り詰めています。少し余裕のある月におろしてもOKな口座にお金を入れておき、本当に困ったときはそこから切り崩すようにしています。

ここを増やせなくなると生活ができなくなってしまいますので、習い事はこれ以上しないと決めています。

それから、主婦は暇があると出歩いてしまいますので、そこでちょこちょことお金を使ってしまいますね。

ちょっと暇だからとショッピングモールに行くと子供の洋服が安くなっていると買ってしまいますし、スーパーに行くと無駄なものを買ってしまい、結果使いきれなくて腐らせてしまうことも多々あります。

なので、なるべくショッピングモールに行く回数を減らすことと、スーパーは週1回、まとめて一週間分買うようにしています。これを心掛けてからかなり無駄遣いが減りました!

主人と話し合って、休みの日の外食も控えるようになりました。家族4人でランチをすると3千円、夕食を食べると安いところでも5~6千円しますから。なるべく家で食べるようにしてから食費もかなり減りました。

主婦は自分で稼いでいない分、倹約していかなければいけないと実感しました。車も買い替えたいのですが、主人がわけあってローン(銀行でお金を借りる)が通らないのでキャッシュで払うしかありません。いつになることやら・・・。

同僚に誘われて、足(膝下)を何回か脱毛をしにサロンへ通ったことがありました。やりはじめなこともありあまり生え具合の変化はかんじられず、痛い印象しか残りませんでした。

数年後、やはりきちんと脱毛したいと思い友達と一緒に全身脱毛を申し込みました。たしか24回ぐらいのコースで13万円ほどでした。

(このサイトで地元・相模原の脱毛サロンを見つけました⇒脱毛相模原

回数の制限はありますがいつまでに終わらせないといけないなどの月、年数の縛りはありませんでした。そこのサロンの口コミを見ると、予約がとりずらいとよく書かれています。

実際は、とりずらいときとすぐに予約できるときと、まちまちでした。友達と待ち合わせて一緒に行き、終わったらご飯を食べて感想を言い合いながら帰る、ということをよくしていました。

受付時に友達と一緒ですとお伝えすると、終わり時間を合わせてくれたりいろいろと融通をしてくれました。店内はいつも綺麗で若い女性の方が対応してくれます。

初めの頃は痛すぎて笑いがでるほどでしたが、10回目を迎える頃ぐらいから痛みになれてきたのと、毛が細くなってきたこともあり感じる痛みは弱くなってきました。

一度だけ、初めてなのか痛みに泣き叫ぶお客さんがいました。気持ちはわかる…、けど店内に響き渡る声で、対応している方のほうが可愛そうにおもいました。

機械もだいぶ進化し、痛くないように改善されてきているようです。たしかに20回目ぐらいを越えた頃(始めた頃から一年以上たったころ)に、機械が新しくなりましたと言われ、実際の痛みも和らいでいた記憶があります。

毛が太いとそれだけ痛みはありますが、なんとか慣れれば、そのあとは自分でする無駄毛処理が本当に楽になるので最初だけ頑張って我慢すると良いとおもいます。

お金に少し余裕があり痛みにそこまで弱くなければ、脱毛されることは是非おすすめします。